野村克也氏、またも小林誠司にダメだし

野球解説者の野村克也氏がまたも巨人の捕手である小林誠司捕手にダメ出しをしていましたね。昨年もこの捕手なら優勝できないと酷評していました。またも色々注文を付けたようで、

ミットの構え方に関して言っていました。早く構えすぎで、それを打者は目線に入れる事が出来てしまうので、配球が読まれるというのです。やはり捕手出身で、素晴らしい捕手を育てた野村氏ですから、こういった基礎的なことは目についてしまうのでしょう。

>番組恒例の”ボヤき解説”において、「オープン戦も公式戦と同じような気持ちで」という野村氏が、まずダメだししたのはキャッチャーの小林誠司だ。
ttp://news.livedoor.com/article/detail/11237290/