伊達公子さん引退について

動物3

京都出身でテニスプレイヤーの伊達公子選手ですが、40代で現役復帰したことでも有名です。日本の女子プロテニス会で活動してきた伊達公子選手は、1996年に一度引退していますが、

その11年半後の2008年に現役選手として復活を果たしました。

しかし、そんな伊達公子さんも引退だそうですね。寂しい限りです。
今日はその特別企画として、伊達さんのトレーニングについて書きます。

この時、再開したトレーニングで伊達公子選手は全身筋肉痛になったと述べています。しかしマットピラティスを一通り行うと、その後筋肉痛が消えたということです。また以前はアイシングの処置が欠かせなかったが、ピラティスを行うようになってからアイシングをしなくなったと語っています。

このピラティスは身体だけでなく、心にも集中することを特徴とします。常に身体と心の内部を意識してコアマッスルを鍛えると、歪んだ身体がバランスを取り戻します。無理なウエイトトレーニングとは違い、調和の取れた本来の美しい身体を目指しているため、ボディラインが整うだけでなく内側から健康になります。

(ピラティスはこちらを参考⇒http://xn--mck8fl82gx5v.xyz/

さらにピラティスはハリウッドセレブの人々にも、高い評価を受けています。ハリウッド女優たちは、常に自分の身体を最高のコンディションに保たなければなりませんが、ピラティスをダイエット法として取り入れている人も多いです。