イチローとヨガの関係

イチローとヨガの関係
ヨガは、古代インドで考案された修行法で、原始的な形態は自然と調和することを基本的な理念としていたと考えられています。その後、様々な流派が生み出され世界中で愛好されるようになり、現代ではダイエットやエクササイズを重視したスタイルが人気を集めています。

※参考はこちら:大森駅周辺のヨガランキング

特に、アメリカでは大人気で、ヨガ人口は3500万人を超えると言われています。

また、内面を見つめるというヨガの本質的な部分は完全に失われてはいないので、勝負の世界に生きるトップアスリートの中にも愛好者は少なくはありません。日米通算で4000本以上の安打を放ち、40歳を過ぎてもなお一線で活躍しているメジャーリーガーのイチロー選手もそのうちの一人です。

ちなみに、イチロー選手がどの様なスタイルのヨガを行っているかというと、スポーツ紙などでは1時間ほど時間をかけたものだと報道されています。普段のルーティンワークの中でもストレッチを取り入れているように、柔軟性を高めるためのものとみて間違いなさそうです。

このイチロー選手の影響からか、現在では高校野球でも準備運動の一環としてヨガを取り入れているチームも増加しており、今後さらに注目を集めていくことが予測されます。